« 村山由佳「天使の卵」ロードショー | トップページ | 映画 『ゆれる』 »

◎ 秋の夜長に読書 ◎

すでにブログ内で紹介済みの村山作品ですが、
とてもハマったシリーズ小説があります。

『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズⅠ~Ⅹ

6

毎回、素敵なタイトルと表紙絵も楽しみでした。内容は↓↓

高校3年になる春、父の転勤のため、
いとこ姉弟との同居するはめになった勝利。
そんな彼を驚かせたのは、
久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。
しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。
同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、
そんな哀しい想いに気づいてしまう。
守ってあげたい!いつしかひとりの女性として
かれんを意識し始める勝利。
ピュアで真摯な恋の行方は…。

発売日を毎年毎年、首を長ーーくして待って焦らされた(笑)
作品です。続きが気になって気になって。焦らされても出てくる
キャラのお陰で許せてしまうんですよね~(^v^)>

|

« 村山由佳「天使の卵」ロードショー | トップページ | 映画 『ゆれる』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

じれったくて、じれったくて…(笑)はにかみながら読めた作品でした♪くぅ~!分かるわぁ!その気持ち!って箇所が随所にあり、最期まで飽きずに読みきりましたね♪ってか…あらすじ、そのまんまパクッて書いちゃダメじゃん(笑)

投稿: 隣人もハマッた♪ | 2006年9月14日 (木) 22時44分

パクリじゃなくて・・・ウソの表現がいけないと
思って・・・引用だよ。アッ、集英社って書き忘れてる。

投稿: sunafukin | 2006年9月14日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 村山由佳「天使の卵」ロードショー | トップページ | 映画 『ゆれる』 »