« '09 Feb タイ・台湾旅 9 | トップページ | '09 Feb タイ・台湾旅 11 »

'09 Feb タイ・台湾旅 10

「ワット・ポー」の次の目的地は対岸にある「ワット・アルン」
です。こちらも去年、訪れたのですが・・・ポツポツ降る雨と
体力の限界などで、入り口手前で断念したので・・・リベンジ
です(笑)

P1000072_2

な、なんとラッキー happy02 scissors なことに sign02 こちらも「18時まで」
見学できるようです note

入り口手前からは気付きませんでしたが・・・「ワット・アルン」
の階段がこんなに急勾配だったなんて coldsweats02 超・キケンdanger

Img_1134

次々に観光客が来るので自分のペースで何て言ってら
れません crying 手すりにしがみ付き、登るしかないのです。

・・・ちょっと待て、登るということは・・・「最後は、下る」
のです downdown 象の時も書き留めましたが、ワタシコウショ
キョウフショウ デスケド、ナニカ sign02

Img_1118

苦労して登った甲斐のある景色が広がります upup
対岸のどう見てもボロイ長屋のような普通の建物が
夕焼けに照らされて、いい感じに写ります camerashine

Img_1144 Img_1136

川側と反対側。。。だんだん日が暮れてきます sun
ここ「ワット・アルン」は訳すと「暁の寺」って意味です。
日の出は無理だけど、夕焼けに照らされるこのお寺
もかなりの風情ですよーlovely 惚れちゃいました up

Img_1147

さっきまで居た「ワット・ポー」も余裕で望めますsign01

Img_1137

バンコクの他のお寺と違い、金ピカshine感が無いのがこの
風情の要因なのかなぁ wink

Img_1138

いい過ぎかもしれませんが、バンコクではなく「イタリア」
にいるような錯覚さえしてきました(笑) 私的感想です。

Img_1139

細かい細工や塔を支える鬼の像を見ていると、やはり
バンコクなんですけどねぇ~ upwardleft

Img_1141

Img_1122_2

実は、この日は催しがあったようで建物の正面側ではタイ
名物のムエタイが行われていました eye 初めて見ました。

Img_1153  Img_1154

日が暮れていく程に、建物の様子が変わってきて魅了
されっぱなしです。最近のデジカメはスゴイなぁ~。
素人でもそれなりっぽく見えませんか camera sign02

Img_1155

逆光の寺の輪郭とその間から覗く夕焼けです sun

美しく、楽しい風景ともお別れ weep
必死の形相で階段を下りました sweat01 コケないように、笑い者
にならないようにと。。。

Img_1158

帰る時の船着場や船からの夕景です。旅の終わりが近づ
いているのを知らせているような感じが、ちょっと切なかっ
たです despair

P1000073

来た道を再び船で帰ります ship 船内では各国の観光客の
姿を見ます。日本人はあんまり見なかったなぁ~。

|

« '09 Feb タイ・台湾旅 9 | トップページ | '09 Feb タイ・台湾旅 11 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« '09 Feb タイ・台湾旅 9 | トップページ | '09 Feb タイ・台湾旅 11 »