« Feb-Mar'10 台湾旅行⑧ | トップページ | 夜明け »

タイミング (長文)

突然ですが、再び「別れ」を告げられました。

前回の別れた事情はこちら ⇒ ココ

2月に一度別れた時は、「こういうことがきっかけで別れに
まで考えが達する人なんだ」とビックリしました。しかし、こ
れが真剣に結婚を考える機会になりました。

今の仕事を辞めて家業を手伝い、相手のご両親とおばあ
ちゃんと一緒に暮らしていくと「決意」できました。
特に、同じ敷地内の同居なので「台所」や「お風呂」などは
別でという私の意思を伝えましたが。

仕事も子供が出来るまで・・・と一生仕事するとは思ってい
なかったので、早まっただけと気持ちもすっかり切り替わり
家も完全同居ではないので、気の遣い合いや心配事も減
少するかなぁと。

相手の言うように、同じ仕事をすれば同じ休みを楽しめる。
今まで、お互いのデートもあんまりまともにしたこと無かった
ので。。。平日の晴れた日にピクニックできるように、大き
めの弁当箱買ってたりして。。。

結婚を意識した二人は「こないだの事なんだったんだ?」と
思うほど、「新居はどんなにしたい~」とか「こんなんが便利
じゃない」と楽しい妄想してました。

しかし、相手から「ちょっと浮き足立った、順番が飛んでる!」
と新居の妄想は修了。。。では、プロポーズが先だね?と思っ
てたら、、、「結婚式や新婚旅行の妄想が始まりました」。

アレレ・・・これも順番違うよ?と思いつつも「こんなんがいい」
「あんまり派手なのは得意じゃない」とか聞かれるから率直に
自分の好みを家の時のように言いました。

しかし、結婚式の好みに関して言えば・・・間逆!!

好みの問題だから仕方がないんだけど、これがきっかけで
私は色んな不安がよぎりだしました。
まず、相手の意見が出た時の捉え方・・・お互い違う意見な
のはしょうがない。じゃあ、これは相手の言うことも分かるし
OK。これも理由を聞けばそうだなぁと「採用」。知らぬ間に私
の意見は押し流される。私と結婚したいんだよね?自分の
理想の結婚がしたいだけなの?私のこと見てる?

そこから、同居した時(ここ数日は家は当分建てないということに変更に)
に何かがあったら?家業を手伝っていて何かあったら?「私の
事見てくれて、手を差し伸べてくれるのか?」とか色んな不安
に変わってきました。意見は聞いてくれても、自分の意見ばか
りを押し通すのでは?・・・もう、ぐるぐる無い事、無い事を想像
して不安の、真夜中の海に置いてけぼりにされた感じにまでな
ってしまいました。
(マリッジブルー?今、冷静に思えばちょっと病気なぐらい)

少しは気付いてくれて、「もっと楽しもうやー」とか言ってくれた
けど、そこまでの状態になった経緯を知ろうとも解決してくれ
ようとも思ってくれてない感じがして・・・この疑心暗鬼から抜
け出せない。
(早いうちに自分で助けを求めれば良かったんだね。でも、言
いにくいことばかりだから言えなかった。嫌われたくないもん)

だからといって嫌いになるわけでも、結婚したくないって思うわ
けでもなく、、、人並みに期待したホワイトデーの日。めでたく
「結婚式の情報誌」をもらいました。。。が、言葉はもらえず。
ガッカリ。「・・・なんで?」
プロポーズの言葉でしっかり「幸せにしていきたい」って熱い
言葉があれば、こんな状態抜け出せる!また、ワクワク色ん
な未来の話が出来ると信じてたから。

予想に反して、プロポーズされなかったのはショックでした。

また中途半端な状態で、結婚式の話ばかり。ここで、正直に
気持ちを伝えた。私の今求めてるのはソレじゃない。2人がズ
レ出してるって。最近元気ないのもそのせいだよって。もっと
私を見て欲しいって。言ってることが180度変わる事に振り回
されてしまう、困惑するって。

2人が浮つきすぎて観点がズレていたので、相手から「もう一
度、○○家の長男の嫁になることについて考え直して」と言わ
れた。

リセットする時間が与えられました。

そこで、私も我に返りました。私自身もズレてた。求めてるば
かり待ってるばかり。勝手に期待して、そうじゃなかったら落
ち込んで。 独りよがり。 不安の一因。苦手な事やらが壁に
なってるのに、それは後回し。

これじゃいけなかった。壁にぶち当たればこうやって相手の
言葉に耳を傾けて、、、独りじゃないんだと気付かされた。

相手の立場に立って考え直す。。。相手に言われて色々気付
いた。正直、新しい人生を歩もうって時にこんなにため息付か
れたり、マイナス思考な人をパートナーに選びたくない。

ホントだ!

地に落ちて這い上がるパワーはすごい。(恋愛以外)ビックリす
るぐらい気持ちが好転。 次々に良い思考が浮かんでくる。
今さらだけど、ごめんなさい。気付きました、前向きにって考
えられるように、そうやっていける・・・気持ちの転換を相手
に伝えましたが・・・その間に相手は反対方向に転換。

「気持ちは無くなった」と。

私は相手から考え直してと言われて我に返り目が冷めた。
けど、相手もその時間は見つめなおす時間となり、真逆の
回答が返ってきた。

前回もだけど、いつも肝心な時にすれ違い。悲しいぐらい
に。。。もう気持ちが変わることは無いの?待ちたいよ。
「待たないでくれ」と言われた。

取り繕えば繕うほど溝は深まり広がってるのが伝わって
くる。「結婚って、勢いとタイミング」って言葉をよく聞く。
こういうことなのか。。。裏を返せば「好き同士でも、勢い
とタイミングが合わなければ結婚出来ない」ってこと?

失敗は無いほうがいい。ある程度予測して避けられる事
態があるなら迂回方法などを考える。・・・堅実的だけど
今回は私のその性格が裏目に出た。
ガーッてつっ走ってしまう相手に、冷静沈着にアドバイス
したり出来そうで「いいパートナー」になりそうだと思って
いたんだけどなぁ。
真反対な私達はお互い違う点で支え合い、助け合える
と思っていたんだけど。
相手には「しんどい、求めてるパートナーとは違う」と思
われたみたい。もっと楽に物事をとらえられる人間だっ
たらなぁ。
もちろん、四六時中、心配性ではないのです。特に深く
真剣に考えなければいけないことにこうなる。「楽天的」
に吹っ切れるまで、安心するところに辿りつけるまで時
間がかかってしまう私なんです。
分かってもらって、待ってて欲しかったけど無理みたい。

これからどうしよう。。。

自分の人生180度変えても相手に付いて行きたいと
思える相手を失いました。 こんな気持ちにさせる人
間そう居ないヨ。何度も言うけど、待ちたいヨ。

最初から何もかも一緒で全部ピッタリ合うなんて理想
的だけど、なかなか無いよ。違う人間だもの。
「2人の築く幸せな人生」を目標に2人で息を合わせて
タイミングを計りながら、モノの見方・捉え方も知り合い
理解し合いながら一歩ずつ前進する。そんな2人にな
れないのかな?

|

« Feb-Mar'10 台湾旅行⑧ | トップページ | 夜明け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Feb-Mar'10 台湾旅行⑧ | トップページ | 夜明け »