書籍・雑誌

Tarzan 6/24号

駅に downwardrightdownwardright この雑誌のポスター貼ってありました note

Tarzan (ターザン) 2010年 6/24号 [雑誌]

Tarzan (ターザン) 2010年 6/24号 [雑誌]

価格:500円(税込、送料別)

fuji 登山女子 = 山ガール virgo が増えると共に、fuji 山男子 leo
も増えて欲しいですね upup

山で会う大多数は、おじさん&おばさんばかり(笑) coldsweats01

「おぉ~さわやか君 flair」と思ったら・・・過ぎ去るのが速いsign03
速いsign03 なぜなら、さわやか君達は MTB bicycle で駆け下りてく
るか、トレイルラン run 山を駆けていくのです~sweat01sweat01

土曜日、2週間ぶりの登山部です cherry
今週末の天気、怪しいです bearing  勘弁してねぇ downdown sunsunsun

| | コメント (2)

アエラ 09 7/20号

今週の『アエラ』の記事に「ジェリー・イエン」の文字 sign03

0720

■「新生ジェリー・イエン」誕生
独占ロングインタビュー「脱アイドル宣言」

| | コメント (0)

現実逃避なのか?

仕事は忙しいのに・・・早く寝られない gawk
しんどいなら早く寝て、体力回復させりゃ~いいのにネsweat02

後輩から回ってきた『らぶきょん #19』を読んで夜更かし
してしまいました night 久しぶりで中々思い出せなかったか
ら、かなりさかのぼって読んじゃいました book

日々、4時間程度の睡眠 sign02 疲れすぎて、眠りづらい状況
みたいです shock

明日が仕事のピークと信じて・・・頑張りマス sweat01

| | コメント (3)

POP-UP絵本

メガネ eyeglass 三姉妹の長女と三女で見て来ました happy01
そごう神戸店 で開催されている『POP-UP絵本ミュー
ジアム』 runrun  (ネタバレ注意 danger)

子供の頃、飛び出す絵本は大好きでしたが、こんなに
すごいのは目にすることがなかったのです。手にとって
絵本のサンプルを見られたり、特大展示物を見られた
りするので、オススメですよ lovely

P1002498  P1002486

・ポスター
・会場内の特大展示

P1002483  P1002484

・特大絵本はボタンを押すと自動で開きます
・この猿山は実際の絵本で高さ50cmにもなるそうです

P1002485  

・大人気の「スターウォーズ」

P1002481

・メルヘン「シンデレラ」
この馬車、絵本ではしっかり閉じるんですよ。スゴイ

他にも、工程内で使用した仕掛けのサンプルやパ
ーツの展示も。作者のインタヴュー映像もあり興味
が増します note

販売コーナーもありましたが、高価です moneybag sweat01

      *  *  *  *  *  *  *

昨日の購入パン

P1002495  P1002496  P1002497

・野菜たっぷりのパンは、長女が食べたランチのに
似ています
・真ん中のパンは、私が食べたランチのに似ています
・黒いパンは色に惹かれて買いました 甘くないココア
のパンです

| | コメント (3)

SAVVY 2008 MAY 『神戸ごはんとカフェと買もの』

SAVVY 2008 MAY 『神戸ごはんとカフェと買もの』\500-

春になると「京都特集」や「神戸特集」などの雑誌が少し
高めの料金で発売されますcherryblossom

今年もいろいろ迷った挙句、「神戸」を選んでしまいまし
た。。。しかーし、グルメ部員も同じのを買ってましたweep
それなら、「京都」を買えばよかったぁぁぁぁbearingsweat01

阪神御影に、『御影クラッセ』なるものが3/20オープン
したらしい。←知らなかったcoldsweats01

“ちょっと上質な日常”をテーマに70の専門店と阪神百貨
店で構成されるライフスタイル型ショッピングセンターらし
いです。

●SAVVY presents「MIKAGE STYLE TALK」●
4月6日(日)14:00~15:00
1階広場
ゲスト:Baby Boo / MC:AHN MIKA
神戸でのライブを皮切りに音楽活動をスタートし、
今や全国で活動するBaby Booと、
モデルAHN MIKAによるトーク&ライブイベント
07
Baby Booは後輩が好きなんですheart04

『御影クラッセ』
神戸市東灘区御影中町3-2-1
telephone 078-843-7660
clock 午前10時~午後9時
飲食店 午前11時~午後10時
※一部店舗を除く
pc http://www.mikage-classe.com/

| | コメント (0)

Hanako WEST

Hanako WEST 10月号の『大阪最新ガイド』買いました。

Top_hnk_img

・5大食い倒れエリア徹底案内
~福島・靱公園・東心斎橋・なんば・北新地~

↑福島となんば以外は会社帰りに攻めれそう・・・って
「攻めてどうする?」ひとりツッコミ(ーдー;)

・オフィス街、最新MAPナビ

↑知らない所、行ってみたくなりますo(^-^)o

他、いろいろ楽しめそうな特集です☆
デブログは卒業できそうにありませんなぁ~(-∧-;)

Hanako WEST .com
http://www.hanakowest.com/index2.php

| | コメント (3)

久しぶりに「読書の秋」

本屋さんで本を選ぶときの基準はいろいろだと思いますが、
私はお気に入りの"作家"のものに手が伸びます。

今日読み始めたのは、昔に買った本『恋愛時代(上)(下)』
1 2










お気に入りの作家の一人「野沢尚」の小説です。この小説は10年
ぐらい前に購入したものです。過去に読んだ本を数年開けて読む
タイプの人間です・・・私 (^-^)/ この小説を読んだ我が家の兄は
何度も泣いてしまった「おとめ座男」です。

内容は、理一郎とはるはあることが原因で離婚した夫婦。特に下巻
で、いろんな事が分かりはじめて・・・兄、涙する場面が。
1997年 第4回島清恋愛文学賞を受賞作品。

この本の購入はコチラ ↓↓

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/03702858.eaf4b6e2/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/993181/" target="_blank">恋愛時代(上)</a>

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/03702858.eaf4b6e2/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/993182/" target="_blank">恋愛時代(下)</a>

| | コメント (0)

『花より男子 完全版vol.20』

私が学生時代から好きなマンガ『花より男子』がデラックスな
形になって発売されています。ただ単に再販ではなく、20巻で
今までのコミックに無かった・・・続き!!・・・が、あるそうです。

08855132_1 
ブルジョアの通う英徳学園に一般ピープル牧野つくしが入学。
その学園を支配する花の4人組「F4」にいじめられる・・・・が、
ってお話。連載が始まった当初からすごく好きで、大人になって
からも、コミックで36巻まで読みましたね~♪

完全版では、まだ読んでいないのですが、続きがあるそうなので
読んでみたいです。

花より男子 完全版 VOL.20 購入は↓↓

<a href="http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/03702858.eaf4b6e2/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/4112780/" target="_blank">花より男子(dango)(vol.20)</a>

| | コメント (0)

◎ 秋の夜長に読書 ◎

すでにブログ内で紹介済みの村山作品ですが、
とてもハマったシリーズ小説があります。

『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズⅠ~Ⅹ

6

毎回、素敵なタイトルと表紙絵も楽しみでした。内容は↓↓

高校3年になる春、父の転勤のため、
いとこ姉弟との同居するはめになった勝利。
そんな彼を驚かせたのは、
久しぶりに会う5歳年上のかれんの美しい変貌ぶりだった。
しかも彼女は、彼の高校の新任美術教師。
同じ屋根の下で暮らすうち、勝利はかれんの秘密を知り、
そんな哀しい想いに気づいてしまう。
守ってあげたい!いつしかひとりの女性として
かれんを意識し始める勝利。
ピュアで真摯な恋の行方は…。

発売日を毎年毎年、首を長ーーくして待って焦らされた(笑)
作品です。続きが気になって気になって。焦らされても出てくる
キャラのお陰で許せてしまうんですよね~(^v^)>

| | コメント (2)

秋の夜長の読書

昨夜も1:30AMぐらいまで小説を読んでいました(@@;)
目が痛いし、仕事中はボーッとしてしまうし日常に影響が
出ています(_ _)zzzもちろん、帰りのJRで爆睡!!

129回直木賞受賞作 『星々の舟』 村山由佳 文藝春秋

目覚めて見る夢は、眠りながら見る夢より百倍罪深い
愛とは、家族とはなにか。こころふるえる感動物語。

Photo_3

どうして?そんな展開に・・・辛い事実・・・
上手く説明できません。

公式サイト http://www.yuka-murayama.com/

| | コメント (2)

より以前の記事一覧